すくすく育つおまじない|ベビーの布団選びが肝心

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加

命を守るために必ず必要

犬と赤子

チャイルドシートは6歳未満の子供に義務付けられています。成長と共に体に合ったチャイルドシートが必要になってくるので、レンタルなどを利用するのも手です。 新生児期はベット型のものを、6ヶ月頃からはシート型のものにするのが良いです。 上手にレンタルを利用して、安全を守りましょう。

もっと読む

赤ちゃんが育ちやすい環境

眠るベイビー

成長をサポートする

赤ちゃんには、ある程度大きくなるまではベビー布団が必要であると言われています。ベビー布団は、赤ちゃんの体のために作られているので成長をサポートして、時には危険からも赤ちゃんを守る役目をしています。赤ちゃんの骨は未熟で柔らかいので大人用の布団は体が沈むことで歪みが起きることがあります。また、寝返りを打った時に横向きやうつ伏せになると窒息の危険もあります。ベビー用のものであれば、硬さがあるので赤ちゃんの体も歪むことなく窒息のリスクも低くなり快適に過ごすことが出来ます。ベビー布団は素材も肌に優しいものが多く、汗をかきやすい赤ちゃんの体から優しく汗を吸い取って発散する作用もあるので、温度管理も楽になり病気の予防にもなります。

季節に合わせて選ぶ

ベビー布団は、季節に合わせて選ぶようにすると良いでしょう。春は、涼しい日もあれば暖かい日もあるなど気温の変化が激しい時期です。タオルケットなど、体温調節をこまめにしやすい寝具を中心に選ぶと良いと言われています。夏は、赤ちゃんも大人同様よく汗をかくので吸湿速乾性のものや冷感タイプのシーツなども合わせて使うようにすると良いです。秋は急に冷え込む日が出てくるため、毛布とタオルケットを上手く組み合わせて使うようにします。また、寒い日が続く冬には毛布と掛け布団をしっかり用意して寝冷えをしないように、パジャマにも気を遣うなどの対応が必要になります。ベビー布団とその他寝具も合わせて赤ちゃんが寝やすい環境を整えることが大事です。

使う期間が短いのならば

赤ん坊

二人目、三人目の赤ちゃんを予定していない家庭にとって、使い終わったベビーベッドは邪魔な存在となってしまいます。そのため、ベビーベッドの購入を躊躇してしまう方も多いでしょう。一人っ子を望む家庭には、ベビーベッドのレンタルサービスが最適です。

もっと読む

赤ちゃん用の服の選び方

赤ちゃんグッズ

ベビー服は50〜70cmサイズのものを7〜8枚用意します。赤ちゃんの成長は早いので、季節と考えあわせて準備します。デザイン重視でベビー服を選ぶと失敗します。襟の大きい物、スカートのような飾りのあるものは避けます。

もっと読む